居抜き店舗は双方にメリットがあります。

居抜き店舗とは、飲食店やアパレル店、病院などが退出したままになっている店舗のことで、内装や設備がそのまま残されている店舗のことを指します。お店を出すにあたり、何もない状態から内装や設備を新調し場合によっては営業許可が下りるよう大規模な配管工事や電気工事を行うとなると、出店までにかなりの費用がかかってしまいます。その場合は店内を自分の思う通りに設計しレイアウトすることができますが、やはり初期費用が高いとそれを回収するまで経営が大変になることも少なくありません。そんなときは居抜き店舗を選ぶと大きなメリットが得られます。なんといっても前の店舗が置いていった設備をそのまま再利用できるので初期コストを大幅に抑えることができます。退出する側にとっても解体や原状回復が必要ないため低コストで退出することができ、双方にメリットがあります。ただし気を付けたいこととして、前の店舗がどのような理由で退出したのかを知っておくことは大切です。同業者であった場合、同じ理由で自分の店舗も業績不振になる可能性があります。せっかく前例があるのですから、どのような点を改善すべきかを考えて工夫しましょう。また内装が新しい店舗のイメージと合わない場合がありますので、お客さんの目に留まりやすい部分については多少のコストをかけてもイメージチェンジしておくと良いでしょう。

居抜き店舗のコストが低い理由

居抜き店舗を分かりやすく言うと、以前借りていた「借主」が作った内装や設置した設備をそのままの状態で次の借主が、お金を払い全部買い取ったり、無償にて、譲り受けられる物件のことを言います。双方にメリットがあります。例えば無償で譲り受けた機材、家具がそのままの状態で使えるので、内装にお金を掛けずに商売のコストが低く抑えられます。また以前の借主も椅子やテーブルと言った物を処分する費用がいらなかったりします。有償だと、新たな借主から少なからずお金を得られます。お店を開きたいけど、資金不足だったり、開業資金を抑えたい方に向いたシステムだと言われています。実際に何もない状態の店舗を内装や設備を施工すると、一千万近くのコストが必要です。居抜き店舗だと、6割近くの費用で済みます。このような居抜き店舗を探す場合は、インターネットサイトを利用して探すことが一番手っ取り早い方法です。

居抜き店舗は初期費用のコストを削減

居抜き店舗というのは前の所有者が使用していたお店をほとんどそっくりそのまま使用する店舗のことをさします。通常お店を開業する場合で前の所有者の建物を引き継いで使用する場合は、自分たちのお店のイメージに近づけるために多少の改装工事をして開業をします。ですがこの場合は工事をするために初期費用がかなりかかります。またこれが賃貸物件の場合だと万が一お店が閉店にでもなろうものならば、元に戻さないとならない契約事項が障壁となります。しかし居抜き店舗だとそのような改装工事をほとんどやらないでいいのでこのように工事費を削減できるメリットを狙えます。また調理などに使う器具類もそのまま使うので内外装費用の他に、このような器具類の導入費もほとんどいらないでコスト削減に貢献してくれます。ただこのスタイルのお店で営業する場合は内外装がそのイメージになってるので、違うスタイルで営業しようとするとそのギャップのために初めてのお客さんは存在感に気づきにくく誘発しにくいデメリットも抱えることになります。

お客様に最適な物件情報を毎日メールで配信、前日夜には詳細情報を掲載中です。 店舗開業には専門知識が豊富な人材が必要になります。当社にはそんな人材が多数おります。 多くの成約者様より喜びの声を頂いており,信頼度ナンバーワンです。 居抜きカフェでは最新の店舗物件情報をご案内しております。 不動産知識、店舗出店知識が豊富なスタッフが懇切丁寧なサポートを実現いたします! 株式会社DEWARSは居抜き店舗でお探しの方をサポートします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>